2006年06月08日

A desire and punishment

もう少ししたらみなさんの所にも遊びにいきます。

誰もが必ず持っている「欲」
それ自体は決して悪いものではない。

が、それに捕われすぎると報いが必ずやってくる。

今の自分は、そんな「罰」を受けなくちゃならない
「時期」に来ているのだと思う。

今迄は体裁を取り繕う事だけを考えて生きてきた。
外身は充実していても、中身は空虚なままの抜け殻。
その「つけ」が、今の自分に来ているのだろう。

抜け殻ではなく、中身の充実した人間になりたい。
いや、ならなくちゃいけない。それはゆっくりでもいいから。

I go out to a place of all of you to play if I do it a little more.

"Desire" it in itself that anyone has by all means
is not a bad thing by any means.

But when I am seized too much with it,
a reward comes over by all means.

I think that present oneself comes in "the time"
when you must take such a "punishment".

I thought only that I kept up appearance so far and lived.
Even if the outside body is substantial,
the contents are empty cast-off shells.
The "reckoning" will come to present oneself.

Not a cast-off shell, I want to become a substantial
human being of the contents.
No, you must become it. Because it is good slowly.
posted by toyo-zou at 01:06| Comment(6) | TrackBack(0) | いろいろな事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする