2006年09月22日

Dead or Alive

自分の心にある「鬱」という呪縛から
解き放たれる日はいつ来るのだろうか。

今の自分が落ち込む事や無気力になる事よりも
幸せや楽しさを多く感じられるのはいつになるのだろう。

周囲の言葉や感情はとても有難い。それは理解出来る。
けど、心の中の虚しさや自分自身の情けなさからは解放されない。


今ある良いことも悪いことも身のまわりのことや人間関係それらは
今ある自分が行ってきたありかたなのだろうが。

楽になりたいとは言わない。それは今迄の自分の宿命なのだから。
自分自身が償わないとならない事だと感じているから。

そんな終着駅のない旅を、これからも続けて行く事になる。
途中下車してリラックスしたり出来るのかは神様のみがわかる事だろう。

少しだけ疲れてますね。今の自分は。


When will you come on a day let loose by spell of
"depression" in one's heart?

As for it being felt a lot of happiness and pleasure than present oneself being depressed and becoming feeble, it will be it in when.

I am very thankful for neighboring words and feelings. I can understand it.
But, I am not freed from emptiness in a heart and own shamefulness.

Even if it is the ideal method that a certain oneself that there are thing around the body and human relations them in a good thing being bad now performed now.

I don't say that it wants to be taken its ease. Because it is conventional one's fate.
Because I feel that it means that I do not become it unless oneself compensates.

I will continue a trip without such terminal from now on.
It will be for only God to understand whether he gets off on the way and can be relaxed.

I am tired a little. Present oneself.
posted by toyo-zou at 17:47| 埼玉 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする