2006年09月25日

Important friend

久しぶりに大切な友人と電話で話した。

その人とは一番最初の会社で出会った。
上司であり先輩であり一番仲のいい友人である。
年は5つ程上だが、一番気のあう友人だと自分は思っている。
こう書くと不思議な人間関係に聞こえるかも。

前に(といっても夏頃かな)電話で話をした時に
昔の会社にいて毎日バカ話をしていた頃に時間が戻ったようだった。

今日久しぶりに話をしたら、やっぱりいい意味で昔のままだった。
お互い当時の会社を辞めて別々の道を歩んでいるが、
時に厳しく、時には優しく、いつも色々な方面から色んな事を教えてくれる。

そんな自分にとって大切な友人は、この先もそう多くは現れないだろう。
この場をかりて「いつもありがとうね」

でもさ、休みの日に携帯の電源切って電話でないのはやめてね。
それも昔から変わらないんだから。

I talked with an important friend on the telephone after a long absence.

I met the person in the very first company.
It is the closest friend.
But oneself thinks age to be a meeting friend of mind in around five year's most.
Does it sound like mysterious human relations when I write it in this way?

When I was in an old company when I talked on the telephone before (even if I say, about summer) and did a silly talk every day, time seemed to have come back.

After all I was the same as old days in a good meaning when I talked after a long absence today.
I leave a company at the time of each other and walk separate ways,
but I am kind and sometimes sometimes teach various things strictly from the always various areas.

The friend who is important for such oneself will not appear so a lot after this either.
"Always thank you" for borrowing this seat

But what there is not stop over a telephone best of a power supply of
cell phone on an off day.
Because it does not change from old days, too.
posted by toyo-zou at 20:54| 埼玉 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 仲間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

Dead or Alive

自分の心にある「鬱」という呪縛から
解き放たれる日はいつ来るのだろうか。

今の自分が落ち込む事や無気力になる事よりも
幸せや楽しさを多く感じられるのはいつになるのだろう。

周囲の言葉や感情はとても有難い。それは理解出来る。
けど、心の中の虚しさや自分自身の情けなさからは解放されない。


今ある良いことも悪いことも身のまわりのことや人間関係それらは
今ある自分が行ってきたありかたなのだろうが。

楽になりたいとは言わない。それは今迄の自分の宿命なのだから。
自分自身が償わないとならない事だと感じているから。

そんな終着駅のない旅を、これからも続けて行く事になる。
途中下車してリラックスしたり出来るのかは神様のみがわかる事だろう。

少しだけ疲れてますね。今の自分は。


When will you come on a day let loose by spell of
"depression" in one's heart?

As for it being felt a lot of happiness and pleasure than present oneself being depressed and becoming feeble, it will be it in when.

I am very thankful for neighboring words and feelings. I can understand it.
But, I am not freed from emptiness in a heart and own shamefulness.

Even if it is the ideal method that a certain oneself that there are thing around the body and human relations them in a good thing being bad now performed now.

I don't say that it wants to be taken its ease. Because it is conventional one's fate.
Because I feel that it means that I do not become it unless oneself compensates.

I will continue a trip without such terminal from now on.
It will be for only God to understand whether he gets off on the way and can be relaxed.

I am tired a little. Present oneself.
posted by toyo-zou at 17:47| 埼玉 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

RIOT ON THE・・・

今日は例の奴を食らいました。
吉野家の「牛丼」です。

持ち帰りで買う事になってたので、
店に行くと既に長蛇の列。
そして・・・列は動かない。
結局2時間待ちました。

あまりに待ったので、マジで暴動起こそうかと。
ああいう時に怒らない日本人はエライな。
一応軽く店員にキレました。

でもなんとか家に持ち帰ると・・・
昨日は「買いに行こうか」と言ってた人が・・・・

・・・・まだ寝てました。

無視して先に喰ってやりました。

あ、ノベルティで「手ぬぐい」頂きました。

I ate that of a rumor today.
It is "a beef bowl" of Yoshinoya.

Because it bought it by a take-out,
it is already a long line when it goes to a shop.
And ... line does not move.
I waited for two hours after all.

Because I too waited, will it cause a riot seriously
Such a Japanese who is not sometimes angry is great.
I was angry at a salesclerk lightly for the time being.

But whether "will go as for ...
yesterday when bring it in a house somehow to buy
" it person who said ... *

・ ・ ・ still lay down.

I ignored it and ate it earlier.

I had "a Japanese towel" in a novelty.
posted by toyo-zou at 18:22| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする